PR

 日産自動車は,国内での同社の情報システム業務のうち,システムの企画と新規開発を除いた主に日常的な保守や運用業務を,日本アイ・ビー・エムにアウト・ソーシングする。アウト・ソーシングのサービス開始は2000年10月1日の計画。両社は1999年10月に情報システムに関するグローバル・パートナシップ契約を締結しており,今回はそれをさらに進展させたもの。

 日産自動車は北米での同業務については,すでに1999年10月から米IBM Corp.にアウト・ソーシングしていた。今回の契約によって,情報システムの標準化,統合,集中をさらに加速させる。

 日産によると,アウト・ソーシングを含む改善策によって30%以上の情報システム・コスト削減が可能になるという。同社は1999年10月に「日産リバイバルプラン」を発表し,現在さまざまな取り組みを行なっている。