PR
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱自動車工業は,3種類の先進安全自動車「三菱ASV-2」を開発した。これまで同社が取り組んできた事故を未然に防止する「予防安全技術」,万一の事故での安全性を最大限に確保する「衝突安全技術」に加えて,高齢ドライバを含むすべてのドライバにやさしく対応するための「ITS技術」を盛り込んだ。これらの車両は,運輸省と建設省が共同で今秋に開催する「スマートクルーズ21」に出品する計画。三菱自動車は,いずれの技術も近い将来,実用化すべく開発を進めていくという。

 「ITS-ASV」は,車両に搭載したセンサと情報通信システムによって,道路環境を認識し,ドライバに対して音声や表示で情報を提供する。さらに,危険な状態時にドライバの回避操作を補助するシステムなどを搭載する。

 「ハイモビリティASV」は,機械的ではなく電気的に車両運動を制御する「ドライブ・バイ・ワイヤ」,ペダルレスの操作系や視認性に優れた液晶メータなどを実現した「ユニバーサル・デザイン・コックピット」を搭載する。ハンドルにアクセル・レバーとブレーキ・レバーを設置したことで,ペダルよりもすばやく微細なコントロールが可能という。

 「スマートクルーズ21対応ASV」は,今秋開催される「スマートクルーズ21」に対応する専用実験車。道路側からの情報を利用し,衝突防止や車線逸脱防止などを支援する。

「ITS−ASV」
「ITS−ASV」
[画像のクリックで拡大表示]
「ハイモビリティASV」
「ハイモビリティASV」
[画像のクリックで拡大表示]
「スマートクルーズ21対応ASV」
「スマートクルーズ21対応ASV」
[画像のクリックで拡大表示]