PR

 米Motorola社は,カナダVirtual Prototypes社,DaimlerChrysler社,Magneti Marelli社からなる自動車技術諮問委員会AUTOTAB(Automotive Technical Advisory Board)に参加すると発表した。AUTOTABでは,欧州などでの自動車用電子システムの開発において,ドライバ向け情報システムのヒューマン・マシン・インタフェース技術に関する方向性を打ち出し,推進する計画という。

 その方向性は会員,非会員を問わず,多くのメーカが採用することを前提としている。Motorola社は,同社が開発したドライバ向け情報システム・アーキテクチャ「MobileGT」などを活用したい考え。これによって,ドライバ向け情報システムはここ数年内で,現行の最高級車で搭載されている最上級オーディオ・システムよりも安価になると予測している。Virtual Prototypes社は,リアルタイム対話型グラフィカル・アプリケーション開発用のソフトウエア・ツールを供給するサプライヤである。