PR

 日本自動車販売協会連合会が発表した2000年6月の「乗用車系車名別ランキング」(販売台数ランキング)によると,本田技研工業「オデッセイ」が1万4639台と,トヨタ自動車「ヴィッツ」の1万4184台を455台上回り,首位となった。トヨタ自動車以外の車が首位になったのは,1987年5月の日産自動車「サニー」以来という。

 ちなみに,今回の2位~8位はすべてトヨタ車(ヴィッツ,エスティマ,カローラ,bB,クラウン,ファンカーゴ,RAV4の順)で,9位は本田「ステップワゴン」,10位は日産「キューブ」だった。

 2000年1月~6月の累計では,「ヴィッツ」が9万1244台で首位,次いで7万670台の「カローラ」,6万5310台の「オデッセイ」と続いている。