PR
小糸がトヨタに納めるLEDヘッドランプ
小糸がトヨタに納めるLEDヘッドランプ
[画像のクリックで拡大表示]
内部の配列
内部の配列
[画像のクリックで拡大表示]

 小糸製作所は、白色LEDを採用したLEDヘッドランプを開発、実用化に成功した。トヨタ自動車が「レクサスLS600h」に採用する。LEDヘッドランプは、小糸としてはインテリジェントAFS(adaptive front-lighting system)、水銀フリーディスチャージヘッドランプに続いて世界初の実用化になる。

 自動車用ランプとしてのLEDは、赤色がリアコンビネーションランプ、白色がライセンスプレートランプなどで既に使われている。しかし、ヘッドランプの光源は大きな光量と高い輝度が必要であり、従来の白色LEDでは実用化が困難とされていた。

 小糸は、白色LEDを光源としたヘッドランプの早期実用化に向け、日亜化学工業との共同開発により、世界最高レベルの高出力白色LEDを開発した。加えて、LEDから放出する光を最も効率的に利用できる光学制御システムを開発し、両社の技術を融合させて世界トップクラスの明るさを実現するLEDヘッドランプの量産化に成功したとしている。

 レクサスLS600hのLEDヘッドランプは、従来のヘッドランプとは異なり、3連小型プロジェクタと小型反射鏡から得られる光を合成して配光パターンを作り出し、ドライバーの視認性を向上させる。

 小糸のLEDヘッドランプは、LEDの温度上昇による性能低下を抑えるため、高耐熱性LEDと独自の冷却構造を採用した。点灯速度が速く瞬時に視界を確保できる。長寿命で光量低下や色度変化がほとんどない。