PR

 品質要求を表す「FURPS+」。この使い方で注意して欲しいのは,F(機能性)と,URPS+以下は並列ではない点である。FにURPS+以下の他の品質特性(非機能要求)が従属させるのである。ただし,FとURPS+を切り離して考えるのではなく,六つの品質特性を一組のセットとして扱う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料