PR

 半導体テスタの大手メーカである米Teradyne,Inc.は,通信用LSIのメーカである米Broadcom Corp.が同社のシステムLSI向けテスタを購入したことを明らかにした。購入したのは「Catalyst Tiger」と呼ぶ製品。Broadcom社は,Catalyst Tigerを10Gbpsのデータ転送を4チャネル分実行するトランシーバLSIの製造に利用する見込みである。

 Catalyst Tiger は,同社のシステムLSI向けテスタ「Catalyst」を,入出力端子数が多く,入出力が高速なLSI向けに拡張したテスタである。最大1024ピンのLSIを測定可能であり,データ転送速度が1.6Gbpsの入出力信号を測定できる。高速な信号を測定できるのは,信号をディジタイズする部分の素子に,高速動作に向くSiGe素子を採用しているからである。

関連記事
LSIパターンのズレを高精度かつ高速に計測する測定器を米Schlumberger社が公表(2000.7.19)
測定精度を10倍,測定速度を30倍に高めた開発用半導体テスタをアジレントが発売(2000.7.18)
半導体の委託生産の流れに乗って,アジレントが2000台目の開発用テスタを出荷(2000.7.18)