PR

 米Asyst Technology, Inc.が2001年度第1四半期(2000年4月~6月期)の決算結果を発表した。200mmウエーハ対応の「SMIF」ポッドに加え,300mmウエーハ対応のFOUPや搬送システムの出荷が好調で,対前年同期の4倍の売上高を達成した。

 発表によれば,2001年度第1四半期の売上高は対前年同期比356%増の129億8550万円(1億2367万1000米ドルを105円/米ドルで換算),純利益は18億2400万円(1737万1000米ドル)を達成した。300mm関連では,多くのLSIメーカーが同社のFOUPを採用した。特に,台湾メーカーから受注が前期に引き続き好調だったとする。さらに台湾以外の北米,日本,欧州でもそれぞれ31%増,171%増,51%増と伸びたという。