PR

 米Silicon Valley Group, Inc.(SVG)が2000年度第3四半期(2000年4月~6月期)の決算結果を発表した。売上高は対前年同期比59%増,BB比は1.75と好調を持続している。同社は2000年第4氏半期に300mm関連装置の導入が始まり,これが4~6四半期続くとする。

 発表によれば,2000年度第3四半期の売上高は対前年同期比59.3%増,前期比6.6%増の228億9080万円(2億1800万8000米ドルを105円/米ドルで換算)に達した。純利益は,13億7620万円(1310万7000米ドル)の黒字と,前年同期の2億1680万円(206万5000米ドル)の赤字から黒字転換した。同時期のBB比は1.75と好調を持続している。