PR

 ヤフーは,2007年4月1日付で「Yahoo! JAPAN研究所」を設立する(発表資料)。ユーザーにとってより良いインターネットのあり方を実現するための知識基盤を形成し,次世代インターネットに向けた技術を調査・研究するもの。所長には,ヤフー代表取締役社長の井上雅博氏,最高技術顧問には,慶應義塾 常任理事 兼 同大 環境情報学部 教授の村井 純氏が就任する。

 “利用者のニーズ”と“技術的なシーズ”の二つの領域で,社会インフラとして発展していくインターネットの姿を予測しながら,基礎技術から応用・商用化まで研究するとしている。Yahoo! JAPANの各サービス部門や,米Yahoo! Inc.の研究所Yahoo! Research,国内の産官学の各研究機関・組織とも連携していく考え。

 当初の研究テーマとして,自動翻訳の基礎技術などを含む自然言語処理,ユーザーの多様性を容認する人間志向型情報検索技術(Human Oriented Search Technology),暴力,ポルノなどの有害な画像・映像の高速自動判別,インターネットが生活習慣や社会活動などへ及ぼす影響についての調査を想定している。

 これらの研究により,「インターネットの健全で豊かな発展への寄与を目指す」とした。なお,同研究所は,ヤフーの組織内研究所として設立される。活動拠点は,ヤフーの東京ミッドタウンオフィスとする。

Yahoo! JAPAN研究所の研究活動と各分野の相関図
Yahoo! JAPAN研究所の研究活動と各分野の相関図
[画像のクリックで拡大表示]