PR
CTIA Wireless 2007で講演するGeorge Herbert Walker Bush氏
CTIA Wireless 2007で講演するGeorge Herbert Walker Bush氏
[画像のクリックで拡大表示]
Bill Clinton氏
Bill Clinton氏
[画像のクリックで拡大表示]

 無線技術の総合的な展示会CTIA Wireless 2007では,最終日の2007年3月29日の基調講演に米国の前大統領であるGeorge H.W. Bush氏とBill Clinton氏が登壇した。開演前には会場に入ろうとする人で長蛇の列が出現し,数千人の収容能力がある会場がほぼ満席になった。3日間の基調講演の中で,最も人気のある講演となった。

 Bush氏は,「私が子供のころや若いころはテレビも,FAXもなかった。まだAl Gore氏がコネクティビティを約束するはるか前のことだった」と聴衆の笑いを誘った後は,主に同氏の大統領任期期間(1989~1993年)に起こった湾岸戦争やソ連の崩壊に関する思い出話を披露した。

 続けて登壇したClinton氏は,情報技術,特にワイヤレス技術が米国内外の社会問題を解く鍵になると訴えた。「米国では1996~2000年の間に,就業人口では7%の情報産業が経済成長の28%を占めていた。自治体が子供の教科書を用意する予算のないような貧困国でも,インターネットを通して各種の教材を生徒に配布できるようになってきた。携帯電話が利用可能になっただけで,新しい産業が起こった地域もある」(Clinton氏)。

 こうした展示会の最終日は,早々に帰路に付く人が多く,展示会場が閑散とするのが一般的だが,前大統領2人の講演が最終日にあったためか,講演後の展示会場は人であふれ,午後になっても賑わいを見せていた。