PR

 米Lattice Semiconductor Corp.は,マルチベンダ対応のISP(In-System Programming)ソフトウエア「ispVM」を同社のホームページから無料でダウンロードできるようにした,と発表した(リリース文)。ISPとは,PLD(CPLDやFPGAを含む)をシステムに組み込んだ後からに,データを送り込んでプログラムする技術である。同社は,デイジー・チェーン接続した複数のPLDにプログラミング・データを送り込むためのソフトウエア「ispDCD」を供給してきた。今回のispVMはispDCDの拡張版で,他社のPLDが混じって接続されていても良い。

 ispVMは現在,Lattice社と米Altera Corp.,米Vantis Corp.のPLDをサポートする。Altera社とVantis社のプログラミング・データは「SVF2VIP」と呼ぶトランスレータ・ソフトウエアで,Lattice社の形式(.vip)にしてから,Lattice社のPLDのデータと組み合わせる。

最近紹介したFPGA・CPLDベンダの設計環境に関するニュース