PR

 米Virtual Silicon Technology, Inc.は,0.18μmルールの製造プロセス向けの回路ライブラリ群「Diplomat-18」を出荷したと発表した(リリース文1)。この回路ライブラリを使った試作チップ(first silicon)が台湾UMC Groupの0.18μmプロセスで製造され,動作を確認した。Diplomat-18には,内部回路向けのスタンダード・セルやメモリ・ジェネレータ,外部入出力回路,PLL,PCI回路,AGPインタフェース回路などが含まれる。

 なお,NECは昨年6月にDiplomat-18に関して米Virtual Silicon Technology社と戦略的提携を結んでいる(リリース文2)。