PR

 米Cadence Design Systems, Inc.は,LSIのフルカスタム設計などに使うポリゴン・エディタ「Virtuoso layout editor」を強化した「Virtuoso XL layout editor」を発売した(リリース文)。回路図エディタ「Virtuoso schematic composer (旧 Composer schematic capture)」との連携機能「Virtuoso DLE(device-level editor)」 や,自動配線ツール「Virtuoso custom router(旧 IC Craftsmanlayout automation tools)」との連携機能を組み込んだことが特徴である。

相対配置を自動生成

 Virtuoso DLEは,回路図エディタの出力結果である「ネットリスト」をVirtuoso XL layout editorに渡すためのソフトウエアである。ネットリストを受け取ると,Virtuoso XL layout editorは,相対位置が確定した配置データを生成する。設計制約情報もVirtuoso XL layout editorに渡されるという。

 従来,LSIのフルカスタムのマスク・レベル設計では,回路図エディタとポリゴン・エディタを同時に立ち上げ,回路図エディタを見ながら,何もない状態からポリゴン・エディタを使いマスク・レベル・データを作成していた。今回のツールを使うことで,相対位置を初期値として設計を始められるようになった。設計期間の短縮や誤り混入の低減が期待できる。絶対配置の自動生成も検討中という。

 また,配線については,Virtuoso custom routerを使って,自動配線できるようにした。こうした,相対位置生成および配線の自動化を実現したことから,Cadence社は,上述の設計フローを「ACPD (automated custom physical design)」と呼ぶ。Virtuoso XL layout editorは即日出荷。