PR

 米MIPS Technologies, Inc.は,32ビットおよび64ビットのRISC型マイクロプロセサの新アーキテクチャを発表した(リリース文1)。32ビットのアーキテクチャは「MIPS32」,64ビットのそれは「MIPS64」と名付けた。どちらも,既存のMIPS命令セット・アーキテクチャ(MIPS ISA)を拡張したもので,上位互換性をもつ。

 MIPS32は,32ビットのMIPS ?およびMIPS? ISAに64ビットのRISC型マイクロプロセサ「R4000」および「R5000」が備える命令を加えた。具体的には,条件付きムーブ,プリフェッチ命令,特権命令などである。さらに,DSP機能も加えた。すなわち,乗算(MUL)命令や積和演算(MADD)命令である。今回拡張した仕様は,これまでにも対応していたが,それには本体とは別のライセンス契約が必要だった。それを,標準のライセンスに含めることにした。

 MIPS64は,MIPS ?の64ビットISAにMUL命令とMADD命令を加えたもの。64ビットの浮動小数点演算やデータ・キャッシュなどをサポートする。また,MIPS64はMIPS32モードを備えており,MIPS32コードはMIPS64のプロセサ上で走る。

MIPS32アーキテクチャのCPUコア2品種も発表

 MIPS社は,MIPS32アーキテクチャのCPUコア2品種も発表した(リリース文2)。「MIPS32 4Kc」と 「MIPS32 4Kp」(開発コード名はそれぞれ「Jade」と「Jade lite」)である。R3000およびR4000とコード互換性を保ちながら,Windows CE向けのメモリ管理機能を備えるなどの新仕様を盛り込んだ。どちらも,携帯型情報通信機器や無線通信機器など,低消費電力が強く求められるディジタル民生機器をねらう。また,同社としては初めて論理合成してから使うソフト・タイプのCPUコアとしても,提供できるようにする。

 MIPS32 4KcとMIPS32 4Kpの違いは,後者の方がチップ面積が小さく,かつ,いくつかの演算器の性能が低いことである。MIPS32 4Kcを0.25μmのプロセスで製造した場合,チップ面積は約3mm2。1W当たり600MIPSの性能が出るという(キャッシュ動作を含む)。

 MIPS32 4KcとMIPS32 4Kpは,64ビットのCPUコア「MIPS64 5K(開発コード名「Opal」)と「MIPS64 20K(開発コード名「Ruby」)と下位互換性をもつ。32ビット機から64ビット機へのアップ・グレードを容易にする。

関連記事