PR

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)と東芝は,次世代プレイステーション用LSIの量産に向けて合弁会社を1999年4月に設立する。出資比率は東芝が51%,SCEが49%である。0.18μmルールから0.15μmルールのプロセス技術に対応した生産ラインを,東芝大分工場内のクリーン・ルームに設ける。SCEが500億円を投じて設備を導入し,合弁会社に貸与する。8インチ・ウエーハを月産1万枚のペースで量産する計画。稼動時期は1999年秋を予定している。「Emotion Engine」と呼ぶ次世代プレイステーション用マイクロコントローラを量産する。月産200万個以上のマイクロプロコントローラを量産できるもよう。量産したLSIを使った次世代プレイステーションの発売は,1999年度中を予定しているという。

次世代プレステ関連記事