PR

 米VLSI Technology, Inc.は,英ARM Ltd.のCPUコア(「ARM7」および「ARM9」)を内蔵したシステムLSIで,命令とデータのリアルタイム・トレースを可能にする回路ブロック(IPコア)「N-Trace」を発表した(リリース文)。N-Traceは, ARM社が提供する「Embedded Trace Module」 を基に開発した(関連記事)。VLSI社のIPコア開発ツール「HDL Integrator」を使い,再利用および仕様変更が可能なIPコアに仕上げた。N-Traceを搭載した最初のテスト・チップは1999年4月に完成の予定。

関連記事