PR

 米Xilinx, Inc.は,新型FPGA「Virtex」版の「Java API for Boundary Scan」を同社のWWWサイトから無償でダウンロードできるようにしたと発表した(リリース文)。同社は4月中旬に,最初のJava API for Boundary ScanをCPLD「XC9500」向けに公表した(EDA Online関連記事)。今回は,それのVirtex版。今回ダウンロード可能になったソフトウエア・パッケージには,APIのリファレンス・インプリメンテーションとドキュメント一式,ソース・コード,Virtex向けのconfiguration algorithmが含まれる。

 さらに同社は,JEDECのPLD向け新言語「STAPL」の対応についても公表した。Java環境でSTAPL形式のファイルを,今回使えるようにした。ネイティブなSTAPLのサポートは1999年第3四半期になる。