PR

 米Frequency Technology, Inc.は,LSIの3次元パラメータ抽出ツール「Columbus」をバージョン2.0にアップ・グレードしたと発表した(リリース文)。階層的に処理することで,処理速度を現行製品に比べて10倍以上に上げたという。1CPU当たり20万ネット/時間で処理可能になったとする。