PR

 NECなどは,「北京華虹NEC集成電路設計有限公司」(本社:北京市,以下北京華虹NEC)が営業を開始したと発表した(リリース文)。

 北京華虹NECは,「北京華虹集成電路設計有限責任公司」(本社:北京市,以下:北京華虹)とNECが昨年7月に設立した合弁会社(出資比率はNECグループ60%,北京華虹40%)で、資本金は2千万米ドル。マイコンやASICなど先端の論理システムLSIの開発(設計)・販売を行なう。現在50名の設計技術チームを2001年には200名前後に増員する計画。将来は年間200品種以上のLSIを開発し,今年2月に稼働を開始した「上海華虹NEC電子有限公司」(関連記事)の工場で生産することで,中国半導体産業の発展と中国エレクトロニクス産業への貢献を目指すという。