PR

 米Synopsys Inc.は,1999年度第3四半期(1999年4月~6月)の決算を発表した(リリース文)。売上高は2億740万米ドル。これは前年度同期比25%増(米Viewlogic Systems, Inc.の分離独立を考慮した場合。考慮しない場合は同15%増)である。また,同四半期の純利益は,同42%増の4760万米ドルと好調だった(特別費用を除く。特別費用を含む純利益は4140万米ドル)。

 99年4月~6月期には,業界1位の米Cadence Design Systems, Inc.が売り上げを同16%落した。しかし,Synopsys社の売上げ高は,Cadence社のそれ(2億6420万米ドル,EDA Online関連記事)にはまだ届かなかった。もっとも,1年前にはCadence社の売上げの半分だったことを考えると,今回はかなり追い上げたといえる。

 決算発表と同時に,同四半期に米Stanza Systems, Inc.を買収したことを発表した。同社は,LSIのマスク・レイアウト・エディタやその技術をもつ非上場企業である。引き続き,レイアウト設計分野を強化していく。

米Synopsys Inc. 1999年度*1第3四半期決算
1999年度Q31998年度Q3対前年同期比
売上高2億740万米ドル1億6570万米ドル*2+25%
損益
(特別費用を除く)
4760万米ドル*33360万米ドル*3,*4+42%
損益4140万米ドル3380万米ドル--
*1 同社の1999年度は1998年10月から1999年9月まで。
*2 旧Viewlogic Systems,Inc.分の売上げを含むと1億7960万米ドルで,伸び率は15%。
*3 進行中の研究開発費を除く。
*4 米Viewlogic Systems, Inc.の分離独立,合併などに関連した特別費用を除く。

関連記事