PR

 米Virtual Socket Interface Alliance(VSIA:ホームページ)は,「Test Data Interchange Formats and Guidelines for VC Providers, Version 1.0」と名づけた仕様を策定した(リリース文)。策定したのは,VSIAのManufacturing Related Test, Development Working Group (DWG)である。今回の仕様には,IPベンダがIPコアのユーザに対して,IPコアのテスト・データを提供するに必要な項目とそのためのフォーマットが記述されている。また,IPベンダのためのテスト容易化ガイドラインも含まれる。

 同DWGは,今回の仕様をIEEE標準に含めてもらうように働きかけているという。対象となるのは,IEEE1450のSTIL(Standard Test Interface Language)およびIEEE P1500(組み込み済みIPコアのテスト手法の標準)である。同DWGは,LSIテスタ・メーカ,半導体メーカ,EDAベンダなど19社が参画している。