PR

 パイオニアの米国子会社Pioneer Electronics (USA) Inc.は,Blu-ray Discプレーヤの第2弾製品「BDP-94HD」を2007年5月中に発売する(発表資料)。価格は1000米ドル。2006年に米国市場に投入した第1弾製品「BDP-HD1」の実売価格1500米ドルに比べて安い(Tech-On!関連記事)。


BDP-94HD

 価格を抑えたが,機能は基本的にBDP-HD1を踏襲したものとなっている。HDMI端子の装備(1080pの出力に対応),Digital Living Network Alliance(DLNA)への対応,Dolby Digital PlusとDolby TrueHDのサポート,GUIの採用などはそのままだ。筐体色も前機種と同様の黒。加えて,前機種では再生できなかったCDを再生できるようにした。

 日本国内へのBlu-ray Discプレーヤの投入について,パイオニアは「検討はしているが,具体的にはまだ何も決まっていない。再生専用Blu-ray Discのタイトルの状況をみて決定したい」(広報)としている。