PR

 電子機器の設計・製造受託(EMS)大手の2006年度決算をグラフにまとめた。最も目を引くのは,台湾Hon Hai Precision Industry Co.,Ltd.(鴻海精密工業,通称Foxconn)が急成長を続けていること。連結売上高は,対前年度比39%増の1兆3203億台湾ドル(1台湾ドル=3.55円換算時に4兆6922億円)。営業利益率は,5.7%と前年より0.2ポイント向上した。

 同社に限らず台湾系EMS企業の成長率は高い。台湾Quanta Computer, Inc.(廣達電脳)は,連結売上高が対前年度比12%増,連結営業利益が同42%増である。台湾ASUSTeK Computer, Inc.(華碩電脳)は,連結売上高を同45%増,連結営業利益を同11%増として,連結売上高で始めてQuanta社を上回った。

 以下では売上高と営業利益,営業利益率,総資産利益率(ROA:return on assets)からEMSの業績を紹介する。参考までに,国内で優良電機メーカーとされるシャープの業績も記した。決算の締め日は,台湾系企業が12月末,シンガポールFlextronics Interational Ltd.(以下Flex社)とシャープが3月末,米Sanmina-SCI Corp.が9月末である。

連結売上高では,Hon Hai社が目覚ましい成長を遂げたほか,長らく伸びに乏しかったFlex社が,ASUSTeK社やQuanta社の追撃を振り切るかのように成長したことが分かる。Flex社は2006年度に米Eastman Kodak Co.からカメラの設計・製造部門を買収したり,携帯電話機事業を強化したりした。
連結売上高では,Hon Hai社が目覚ましい成長を遂げたほか,長らく伸びに乏しかったFlex社が,ASUSTeK社やQuanta社の追撃を振り切るかのように成長したことが分かる。Flex社は2006年度に米Eastman Kodak Co.からカメラの設計・製造部門を買収したり,携帯電話機事業を強化したりした。
[画像のクリックで拡大表示]
連結営業利益では,Hon Hai社とASUSTeK社が堅調。Sanmina-SCI社はグラフに登場していない米国系EMSと同様,苦境を脱しきれていない。
連結営業利益では,Hon Hai社とASUSTeK社が堅調。Sanmina-SCI社はグラフに登場していない米国系EMSと同様,苦境を脱しきれていない。
[画像のクリックで拡大表示]
2006年度の営業利益率で,シャープを超える大手EMS企業はなかった。ただし,シャープとHon Hai社の差は0.3ポイントしかない。Quanta社とFlex社は,利益率を高めている。
2006年度の営業利益率で,シャープを超える大手EMS企業はなかった。ただし,シャープとHon Hai社の差は0.3ポイントしかない。Quanta社とFlex社は,利益率を高めている。
[画像のクリックで拡大表示]
ROAは,総資産に対する純利益の割合から求めた。台湾系の大手EMS企業は,巨大工場を中国などに展開しているにも関わらず,ROAがシャープと同等以上である。液晶パネル工場のような巨額投資をしていないためだろう。Sanmina-SCI社は2001年を除いて,純利益を出せていないため,グラフにわずかしか現れていない。
ROAは,総資産に対する純利益の割合から求めた。台湾系の大手EMS企業は,巨大工場を中国などに展開しているにも関わらず,ROAがシャープと同等以上である。液晶パネル工場のような巨額投資をしていないためだろう。Sanmina-SCI社は2001年を除いて,純利益を出せていないため,グラフにわずかしか現れていない。
[画像のクリックで拡大表示]