PR

 米Cypress Semiconductor Corp.は,同社のCPLD「Ultra37000」をボード・テスタ上でプログラムできるようにしたと発表した(リリース文)。対象になるボード・テスタは,米GenRad, Inc.,米Hewlett-Packard Co.および米Teradyne, Inc.の製品。ボード・テスタ上でプログラムできれば,テストとプログラムが1ステップですみ,全体の効率が上がるという。

 Cypress社の「In-System Reprogramming (ISR) software」が出力するJamファイル(プログラムのデータとアルゴリズムからなる)を利用する。同社は上記ボード・テスタ・メーカと協力し,このJam fileの内容を各テスタの専用言語に変換するソフトウエアを開発した。GenRad社とHP社向けの変換ソフトは,Cypress社が供給する。Teradyne社向けはTeradyne社から供与される。

関連記事