PR

 米Exemplar Logic, Inc.(米Mentor Graphics Corp.の100%子会社)と米Xilinx, Inc.は,Xilinx社のFPGA「Virtex」の分割・分散設計環境を構築したと発表した(Exemplar社リリース文,Xilinx社リリース文)。半導体製造技術の微細化が進み,FPGAやCPLDでも,チップ全体を複数の部分(モジュール)に分けて設計する,いわゆるモジュール設計が増えている。今回の環境はそれをサポートする。

 この環境を実現可能にしたのは,Exemplar社の論理合成ツール「LeonardoSpectrum」やXilinx社のレイアウト設計ツール「Allianceシリーズ」の機能向上である。たとえば,「LeonardoSpectrum 99.1」では,ユーザが指定した階層やモジュール名を維持した処理や,特定のモジュールだけを対象にした処理ができるようになった。また,「Allianceシリーズ2.1i」では,以前の処理結果の特定部分に触らずに,論理設計に変更のあった部分だけを更新できるようにした。