PR

 セイコーインスツルメンツ(ホームページ)とパシフィックデザイン(ホームページ)は販売提携を行ない,それぞれが販売代理店を務める米国EDAベンダのツールを統合し,FPGA/CPLDのHDL設計環境「TOPDOWN DESIGN PACKAGE」を構築した(リリース文)。まず,米Altera Corp.のCPLDの設計向けに最適化し,Altera社の販売代理店であるアルティマ(ホームページ)経由で販売する。

 TOPDOWN DESIGN PACKAGEは,米Summit Design Inc.(セイコーインスツルメンツが販売代理店)のHDLグラフィカル入力ツール「Visual HDL」と米Synplicity, Inc.(パシフィックデザインが販売代理店)のFPGA/CPLD向け論理合成ツール「Synplify」を密に統合した製品である。米国の2社は8月上旬に,共同マーケティング・開発契約を締結したと発表している(EDA Onlie関連記事)が,実際にそれぞれのツールを統合したのは,今回の製品が初めて。即日出荷で,260万円(Windows 95/98向け)。セイコーインスツルメンツによれば,Altera社以外のCPLD/FPGA向けのTOPDOWN DESIGN PACKAGEも開発中という。