PR

 村田製作所は同社のUWB用送受信モジュールが,TELEC(テレコムエンジニアリングセンター)によるUWBシステムとしての認定を取得したことを明らかにした。

 4.2GHz~4.8GHzの周波数帯を利用する。なお同帯域は,国内で2008年12月末まで干渉回避技術無しで利用できる時限措置が設けられた帯域である。

 モジュールに利用しているチップセットは,米WiQuest Communications,Inc.の「WQST110/101」。最大1Gビット/秒のデータ伝送速度を確保できる(Tech-On!の関連記事)。USBを無線化した「Certified Wireless USB」に準拠する。