PR

 英Zuken-Redac Group Ltd.は(ホームページ1ホームページ2)同社の対話型自動配線ツール「Route Editor」のオプションとして「Radial Router」を発売する。BGAパッケージからの引き出し配線の自動設計などをねらう。1層のルータ(配線ツール)で,90度や45度だけでなく,任意角度の折れ曲がり経路を自動的に配線する。引き出し位置を微調整し,引き出し線の経路を改善する機能を備える。現在ベータ版を出荷中で,正式版は1999年第4四半期の早い時期に出荷の予定。

 図研のプリント回路基板レイアウト設計用EDAシステム「CR-5000/Board Designer(関係ページ)」では,次のバージョン(rev5)で対応する。CR-5000/Board DesignerはRadial Routerとのインタフェースを用意しており,Radial Router経由でRadial Routerを使うことになる。使えるようになるのは,2000年の2月~3月ころの予定。