PR

 建設省は,自動料金収受システム(ETC)に関して話し合う委員会「ETCセキュリティ開発委員会」を発足させることを明らかにした。発足は1998年11月13日の予定。 ETCは,1999年度から一部の高速道路で実用化される計画になっている。ただし,自動車のダッシュボードなどに設置する車載器の標準仕様や,ICカードを使った料金決済時などのセキュリティをどう確保するかといった詳細がまだ決まっていない。

  今回,ETCセキュリティ開発委員会を発足させることで,ETC実用化の際に問題となるセキュリティの確保などについて話し合っていく。委員会のメンバーは大学教授などから構成されるもようだが,「具体的な氏名などは公表しないかもしれない」という。 さらに,同11月16日付けの官報で,委員会以外からの意見も広く募集する。募集期間は1カ月間の予定。集まった意見も参考にしながら,セキュリティ関連技術の詳細を詰めていく。そして1999年1月~2月には具体案を固める計画。