PR

 米Applied Microsystems社は、LAN(local area network)のEthernetインタ フェースを使って組み込み機器に接続し、搭載するソフトウエアをデバグする開発ツールの発売を始めた。 開発するソフトウエアの実行状況を観察するために、開発対象の機器に専用のコネクタやソケットを用いる 必要がない。 このため、低コストにソフトウエア・デバグを実現できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料