PR

 米Apple Inc.は,メーカー保証期間が切れた「iPhone」の電池を交換する際のプログラム「iPhone Battery Replacement Program」の詳細を公表した。iPhoneはLiポリマ2次電池を搭載しているが,通常の携帯電話機のように電池を取り外すことができない。iPhoneのメイン基板と電池をつなぐ赤,白,黒の3本のケーブルが,メイン基板と電池にそれぞれはんだ付けによって直接接続されているからだ。

 このためApple社がユーザーからiPhoneを引き取り,電池交換作業を行う。Apple社によれば,保証期間が過ぎているiPhoneの場合,交換作業の費用が79米ドル,ユーザーへの送料が6.95米ドルと,合計で85.95米ドルがかかるという。交換作業には3営業日を要する。

 Apple社によれば,交換作業を行う際はiPhoneに保存されたデータはすべて消去され,同社はデータの消去には一切責任を負わない。そのため,ユーザーは事前にiPhone上のデータをパソコンにバックアップしておく必要があるという。

この記事を中国語で読む