PR

 次世代プレイステーションには,入出力インタフェースとしてIEEE1394が標準装備される。データ転送速度は400Mビット/秒。このインタフェースを使えば,ディジタル・ビデオ・カメラやパソコン,セットトップ・ボックス,ホーム・サーバといったディジタル型のAV機器と接続できる。

 たとえば,個人が撮影したビデオをプレイステーションに撮り込むことも可能だ。ただし,ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は,まだ用途を明確にしていない。「使い方はもちろん考えているが,今日はまだ公表できない。追って少しずつお話していくつもり」(同社代表取締役副社長の久多良木 健氏)と,まだ次世代プレイステーションの全貌をみせたわけではないことを強調した。