PR

 米Microsoft社は,WinHECのセッションで,将来のWindowsにおける周辺装置インタフェースの戦略を明らかにした。同社が米Intel Corp.などと共同開発を進めている「USB2.0」のホスト・コントローラやハブに対応するという。

 なお,IEEE1394について,どういった機器に対応したドライバ・ソフトウエアを組み込むかも明らかにした。今年中にも発売予定の次期OS「Windows98のsecond edition」で,SBP(Serial Bus Protocol)2を採用する。ハード・ディスク装置やCD-ROM装置,DVD-ROM装置などとの接続を想定する。プリンタやスキャナ装置への対応は,2000年に発売予定の「Windows 2000」で対応する。