PR

 オーディオ圧縮方式MP3対応の携帯型プレーヤ「Rio」を出荷する米DiamondMultimedia Systems社の子会社RioPort社は,音楽圧縮方式や著作権管理技術に関して米Microsoft社や米Reciprocal社と提携した。 Rioの将来版には,MP3だけでなく,Microsoft社の著作権管理技術やオーディオ圧縮技術を採用することになる。

 この発表と同時にRioPort社は,Rioの新機種「Rio500」と「Rio600」を発表した。

 両製品とも携帯型プレーヤで初めてのUSB対応機種。64MバイトのフラッシュEEPROMを搭載する。Rio500は SmartMedia用,Rio600はCompactFlash用のスロットを備える。今回の製品ではMicrosoft社の技術を採用していない。オーディオ圧縮技術はMP3で,著作権管理技術には,すでに提携を発表済みの米InterTrust Technology社の技術を採用した。将来版では,オーディオ圧縮技術や著作権管理技術を共存させるもよう。