PR

 1997年から国内でインターネット経由の音楽配信を手がけてきたミュージック・シーオー・ジェーピーが,1999年9月1日からMP3方式の音楽コンテンツを有料配信するサービスを始める(URLはhttp://mp3.music.co.jp)。これまでは主にMIDIデータの配信にとどまっていた。当初配信する曲数は約450曲,1曲当たりの価格200円~300円である。すでに十数レーベル,約5000曲に対し配信契約を済ませているという。憂歌団や吉田美奈子,南佳孝などの音楽コンテンツを販売する。

 今回,同社が配信する音楽コンテンツには暗号化を施さない。このため,現在発売されているMP3プレーヤで再生できる。コンテンツの複製も自由だ。ただし,コンテンツの不正コピーが横行するのを避けるため,コンテンツには電子透かし技術を使って著作権情報を埋め込んだうえで配信する。エム研が開発した電子透かし技術を使う。エム研はすでに,WWWで違法に使われているコンテンツを検出するシステムを稼動させている。「まずはユルい著作権保護をかけて販売することで様子をみる。不正コピーがはびこるようなら,コンテンツを暗号化するといった著作権保護を施すことになる」(ミュージック・シーオー・ジェーピー 代表取締役の佐々木隆一氏)。