PR

 三菱レイヨンは,次世代の家電やパソコンの標準インタフェースとして注目されているIEEE1394に対応したプラスチック光ファイバ(POF)を開発した。

 ファイバの直径は1mm,適用可能な伝送速度は400Mビット/秒から1Gビット/秒で,最大伝送距離は50mから100m。1997年5月に国際通信標準化団体であるATMフォーラムが制定した,伝送速度155Mビット/秒のオフィスLAN(local area network)規格の伝送媒体としても使える。

 1997年7月15日より日本コンベンションセンター(幕張メッセ)で開かれる「InterOpto’97」で展示する。サンプル出荷は1997年の秋頃を予定している。

 プラスチック光ファイバ(POF)は IEEE1394 の標準化委員会の長距離部会で,家庭内LANの伝送媒体の有力候補となっている。