PR

 パソコン・メーカがIEEE1394インタフェースの採用に動き出すなか,NECも家庭での利用を想定した液晶パネル一体型の薄型パソコン 「simplem」にIEEE1394を採用した。

 NECは1998年にも,フラグシップの意味合いを持たせた最上位機種にIEEE1394を採用したこ とはあるが,今回は月産1万台をめざす量産機種への搭載といえる。ただし,IEEE1394インタフェースを備えた周辺機器については,NECは用意しない。DV方式のカメラ一体型VTRの接続を意識しているといえそうだ。

 simplemのマイクロプロセサは,466MHz動作のCeleronプロセサ。 主記憶は64Mバイト。ハード・ディスク装置容量は6Gバイトであるこのパソコンに関連した情報はこちら→)。発売は10月14日。オープン価格。