PR

 米国で,DVD-Videoプレーヤの販売が絶好調を維持している。家電メーカの業界団体であるCEMA(Consumer Electoronics Manufactures Association)によると,1999年第3四半期に90万台以上のDVD-Videoプレーヤが出荷された。対前年同期比で225%増である。 1999年1月~9月の実績ですでに220万台のプレーヤが出荷されたことになる。CEMAは,1999年の出荷台数は300万台を超えると予測している。

 これに呼応して,DVDタイトルの出荷枚数もうなぎ上り。米国の映画会社や家電メーカなどが組織する非営利団体であるDVD Video Groupが最近発表した資料によると,1999年に入って約5500万枚のDVDディスクが出荷された。1997年のDVDの出荷開始からの累計では, 1億1000万枚を超えたもよう。