PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ハード・ディスク装置を使った民生用ディジタル録画装置を開発した米Replay Networks, Inc.は,価格を699米ドルに据え置いたまま,録画時間を従来機の2倍の20時間に伸ばした新機種「ReplayTV 2020」を出荷すると発表した。

 1999年11月15日に出荷を開始する。販売の受け付けは当初2週間,同社もしくは米Amazon.com, Inc.を通じたものに限る。11月15日以降は,米800.comや米ValueAmerica.comといったインターネット販売業者からも入手できるようになる。

 なお,HDD録画装置をめぐる動きについては,日経エレクトロニクス11月1日号連動企画であるHDD録画装置が放送業界を揺さぶる---4社特別インタビューを参照していただきたい。