PR
シャープのデスクトップ・メビウス(参考出品)
シャープのデスクトップ・メビウス(参考出品)
[画像のクリックで拡大表示]
日本ビクターの映像編集ツール
日本ビクターの映像編集ツール
[画像のクリックで拡大表示]
松下電器産業のWillPC
松下電器産業のWillPC
[画像のクリックで拡大表示]
NECのSimplem
NECのSimplem
[画像のクリックで拡大表示]

 エレクトロニクスショー'99では,IEEE1394端子を備えたパソコンが数多く出展された。そのほとんどは,DV 方式のカメラ一体型VTRをつなぎ,パソコンの画面で動画を編集するデモを見せていた。たとえば,NECと松下電器産業はそれぞれ9月に発表した斬新なデザインの家庭用パソコンの新機種(NECの関連記事はこちら→松下の関連記事はこちら→)を展示した。

 こうしたなかシャープは,新しいデスクトップ・メビウスを参考出品した。同社はこれまでノート機にIEEE1394を採用していたが,液晶デスクトップ・パソコンにもIEEE1394を載せる。このパソコンは,IEEE1394端子を1個とアナログ映像入力端子を備えたPCIバス・ボードを内蔵している。アナログ映像入力端子の信号は,VGAの画面とオーバレイ表示する。

 つまり,映像の表示にはアナログ信号を使い,編集用のDV方式のデータは IEEE1394経由でパソコンに取り込む。DVフォーマットで取り込んだ画像をパソコンの画面に表示すると,映像の品質が落ちるためという。1999年 11月末ころ約39万円で発売することを予定している。