PR

 キヤノンは,IEEE1394のデータを無線を使って伝送する装置を試作した。最大データ伝送速度は100Mビット/秒と高い。IEEE1394の標準規格のカテゴリの一つである「S100」のデータが伝送できる。IEEE1394の無線伝送では,これまでオランダRoyal Philips Electronics N.V.が,数Mビット/秒の伝送装置を試作した例などがあるが,100Mビット/秒は今回が初めてという。伝送周波数帯域には60GHz帯を使用した。

 60GHz帯を使ったIEEE1394データの無線伝送も今回が初めて。なお,赤外線を利用した例ではNECが250Mビット/秒の伝送装置を試作している。IEEE1394のデータを無線で伝送する技術仕様「Wireless 1394」では,1394TAが標準化活動を開始している。キヤノンは今回の技術を基に,提案していくと見られる。

 同社は,1999年10月10日からスイスのジュネーブで開催された,4年に一度の通信関連の展示会「TELECOM99 +INTERACTIVE99」で,この試作機を使った実演を行なった。実演では,2台の試作機を使い,同社の2台のディジタル方式のカメラ一体型VTR間を無線で伝送した。試作機の最大伝送距離は20m。変調方式にはASK(amplitude shift keying)を使い,送信出力は10mWである。今回の試作機では,伝送プロトコルなどへの変更は加えていない。