PR

 USB2.0の最大データ転送速度が480Mビット/秒に正式決定したのは今週に入ってからだった。「昨晩決めたようなもの」(米Intel Corp. USB-IF AdministratorのRalph Smith氏)。

 その背景には,動作検証を十分に尽くしていないことから480Mビット/秒を公言することに慎重な姿勢をとる技術者グループと,早急に最大データ転送速度を明確にしなければ普及活動の妨げになると考えるマーケティング担当者たちの水面下での争いがあったようだ。

 ただし,「開発者向け会議を前に,速度に幅があるのは開発者にあいまいな印象を与える」との指摘から,速度を確定させた。結果的にはマーケティング担当者の声に押し切られるかたちになった。

【関連情報はこちら】
■USBのデータ転送速度が確定(内容はこちら→
■スプリット・トランザクションの採用で,異なる転送速度に対応(内容はこちら→
■データ転送速度が480Mビット/秒に確定したのは「今週に入ってからのこと」(内容はこちら→
■市場で売られているケーブルの約3割は対応せず(内容はこちら→

【過去記事】
▽9/22: 米Intel社,USB2.0用制御回路を2001年にもチップ・セットに内蔵へ(内容などの詳細
▽9/1:USB2.0のデータ転送速度を360Mビット/秒~480Mビット/秒に高めると,Intel社が正式に発表(内容などの詳細
▽8/27:USBのデータ転送速度,現行の30~40倍に(内容などの詳細