PR

USB2.0では,USB1.1に準拠しているコネクタやケーブルならば480Mビット/秒のデータ転送速度を実現できるとしている。ところが現在市場で販売されているコネクタやケーブルのなかにはUSB1.1で定められた仕様を満たしていないものがある。こうしたコネクタやケーブルをUSB2.0に利用した場合には正常動作しない可能性が高い。

参加者のなかには「実際に調べてみたところ市場にあるケーブルの30%程度は,USB1.1に準拠していなかった」(米IO Systems, Inc.のRichard L. Hill氏)という声があった。

【関連情報はこちら】
■USBのデータ転送速度が確定(内容はこちら→
■スプリット・トランザクションの採用で,異なる転送速度に対応(内容はこちら→
■データ転送速度が480Mビット/秒に確定したのは「今週に入ってからのこと」(内容はこちら→
■市場で売られているケーブルの約3割は対応せず(内容はこちら→

【過去記事】
▽9/22: 米Intel社,USB2.0用制御回路を2001年にもチップ・セットに内蔵へ(内容などの詳細
▽9/1:USB2.0のデータ転送速度を360Mビット/秒~480Mビット/秒に高めると,Intel社が正式に発表(内容などの詳細
▽8/27:USBのデータ転送速度,現行の30~40倍に(内容などの詳細