PR

 LSIレイアウト・ツール市場を支配する米Cadence Design Systems, Inc. と米Avant! Corp.に挑んでいる新興EDAベンダ2社,すなわち米Magma Design Automation, Inc.と米Monterey Design Systems, Inc.が関連EDAベンダとの連携を深めている。

 まず,Magma社は,同社と連携するEDAベンダをくくる「MagmaTies」を立ち上げたと今月中旬に発表した(リリース文1)。当初のメンバは10社で,米Artisan Components, Inc.,米Cadabra Design Automation, Inc.,米Co-Design Automation, Inc.,米CynApps, Inc.,米 Frequency Technology, Inc.,米LavaLogic, Inc.,米 LogicVision, Inc.,米NurLogic Design, Inc.,米Sente, Inc.,米Simplex Solutions, Inc.である。Magma社の自動レイアウト・ツール「Blast Fusion」とこれらメンバのツールを組み合わせたソルーションの提供がねらい。Blast Fusionとメンバのツールが緊密に連携させるために,テストや検証を行なうという。

 一方,Monterey社は今月25日に,パラメータ抽出ツール・ベンダ2社,すなわち,Frequency Technology社(リリース文2),Simplex Solutions社(リリース文3)と提携すると発表した。さらに,28日には,米Synopsys, Inc.(旧EPIC社部門が対象)とも提携するとの発表が,Synopsys社からあった(リリース文4)。Monterey社の自動レイアウト・ツール「Dolphin」とこれらベンダのパラメータ抽出ツールをスムーズに組み合わせることをねらう。MagmaTies同様,連携のテストや検証を行なう。

Special Interview

関連記事