PR
マイクロプロセサ世界市場におけるIntel社とAMD社のシェア(出荷額ベース)
マイクロプロセサ世界市場におけるIntel社とAMD社のシェア(出荷額ベース)
[画像のクリックで拡大表示]

 米iSuppli Corp.は,2007年第2四半期におけるマイクロプロセサ世界市場のメーカー別シェアの見通しを発表した(発表資料)。マイクロプロセサ市場で多くを占める米Intel Corp.の2007年第2四半期の出荷額ベースのシェアは,対直前期比0.5ポイント減の80.3%となる見通し。一方,米Advanced Micro Devices,Inc.(AMD社)のシェアは,11.4%になる見通しだ。AMD社は,2006年第4四半期から2四半期連続して,Intel社にシェアを奪われていたが,2007年第2四半期は直前期から0.5ポイント増加させ,シェアの減少に歯止めをかけた。

 iSuppli社は,2007年第2四半期にAMD社がシェアを伸ばし,Intel社がシェアを減少させた主な要因を,Intel社のマイクロプロセサの平均販売価格(ASP)の下落と分析する。同社は,直前期より出荷数を増加させたが,出荷額ベースのシェアを減少させた。しかし,2社の出荷額シェアの増減は対直前期比で1ポイント程度にとどまる。直前期と比べて5ポイント程度増減があった2007年第1四半期に比べれば,2007年第2四半期の対直前期比の増減幅は縮小した。

この記事を中国語で読む