PR

 米Quickturn社(Quickturn, a company of Cadence Design Systems, Inc.)は,富士通のCPUコア/マイクロプロセサ「FR-V」(富士通関連ページ)向けの論理エミュレーション・モデルが提供可能になったと発表した(リリース文)。ターゲットの論理エミュレータは,Quickturn社の「CoBALT」(EDA Online関連記事)。今回のモデルは,FR-VをCPUコアとして集積するシステムLSIの検証に使う。検証フロー全体も含めて,今回のモデルの開発は1998年から進めていたという。

関連用語