PR

 ゼットエムピー(ZMP,本社東京)は2007年7月24日,自走式のiPod用スピーカー「miuro」を携帯電話などから操作するアプリケーション・ソフト「遠隔コミュニケーションパッケージ」をエイチアイ(本社東京)と共同で開発した。携帯電話機からの操作によって,あらかじめ登録しておいた場所に移動させたり,内蔵カメラによる周囲の撮影や音楽・メッセージの再生といった動作を実行させたりできる。

 同パッケージは,カメラ画像の確認や音楽やメッセージを再生する「PCコントローラ」(2007年3月発売)を発展させたものだ。ZMPは2007年4月,登録地点へ自律移動させる機能をPCコントローラに加えた「自律移動パッケージ」を発売したが,今回はさらに機能を強化し,携帯電話機からの遠隔操作を可能にした。処理内容をあらかじめ登録できるため,携帯電話機での操作が短時間で済むのが特徴だ

 内蔵カメラによる撮影としては周辺状況を確認するだけでなく,指定場所を一定間隔で撮影したり,センサに反応したときに撮影したりといった機能もある。定点撮影では最大で50枚を撮影でき,撮影間隔は5分,10分,15分,30分,60分から選べる。センサ撮影も最大50枚で,24時間の待機が可能だ。

 自律移動で使用するマップとしては三つ,目的位置として20カ所までを登録できる。カメラの解像度はVGA相当,フレームレートは1秒当たりで約1枚である。カメラ画像を見ながら,マニュアル操作で移動させることも可能だ。

 遠隔操作には,携帯電話機と制御用のパソコン,無線LANを含めたインターネット接続環境が必要となる。価格は3万5600円(税込み)。PCコントローラや自律移動パッケージからのアップグレードは,それぞれからの差額となる。

連絡先:ゼットエムピー
電 話:03-5738-4855
URL:http://miuro.com