PR

 ブロードネットマックスと住友電工ネットワークスは,ケーブル・テレビ事業者のシー・ティー・ワイと共同で,広帯域移動体無線通信技術WiMAXの実証実験を行っている(発表資料)。実験エリアは,御在所岳の麓に位置する三重県菰野町湯の山温泉地区。シー・ティー・ワイのサービス・エリア内の伝送路からは,途中の小高い丘により直接WiMAX電波を送信できないため,25GHzの無線リンクで山の中腹に設置した基地局と接続し,湯の山温泉地区との間を中継する。このような無線リンクによる中継システムを活用した地形条件の不利な地域におけるWiMAX実証実験は,国内初という。

 シー・ティー・ワイは2007年7月13日,WiMAX実験用無線局本免許を総務省より取得した。ブロードネットマックスは実証実験用のシステム構築を担当する。住友電工ネットワークスは,実験に使用する機材として,高速ハンドオーバー機能を備えた基地局(IEEE 802.16e,Mobile WiMAX規格準拠)1台,基地局用アンテナ 1基,アクセス・サービス・ネットワーク・ゲートウェイ(ASN-GW)1台,ホーム・エージェント(HA)システム 1台,カード型WiMAX端末 3台を提供している。周波数は2.6GHz,基地局出力は5Wである。

 実験内容は,(1)インターネット・サービスなど各種アプリケーションの検証,(2)無線リンクを活用した中継システムの有効性の検証,(3)変調方式と通信速度関係の検証,(4)高利得アンテナを使用した電波到達限界の調査とした。なお,当該エリアでは,日本ケーブルラボによる地上デジタル放送のギャップ・フィラ実験も行われており,無線の周波数による電波伝搬特性の違いを,地形との相関に着目して検証する。実験期間は,2007年7月17日~12月末。

 ブロードネットマックスと住友電工ネットワークスは,今回の実験で得られたデータをソリューションや製品に生かし,ケーブル・テレビ事業者によるWiMAXを利用したサービスの実現を積極的に支援したいとしている。

この記事を中国語で読む

湯の山温泉地区におけるWiMAX実証実験の模式図
湯の山温泉地区におけるWiMAX実証実験の模式図
[画像のクリックで拡大表示]