PR

 米Apple Inc.の2007年4月~6月期決算は,前年同期に比べて24%もの増収を達成した(発表資料)。売上高は54億1000万米ドル,営業利益は前年同期比84%増の10億4100万米ドル,純利益は同73%増の8億1800万米ドルと好調だ。

 パソコン「Macintosh」シリーズの出荷台数は前年同期比33%増の176万4000台で,四半期ベースで過去最高を更新した。出荷金額は同36%増の25億3300万米ドル。出荷台数の内訳は,デスクトップ型が同20%増の63万4000台,ノート型が同42%増の113万台だ。地域別には,北米が同28%増の82万4000台,欧州が同31%増の39万3000台と大きく伸びた。日本では前年同期より2000台多い8万1000台となっている。

 携帯型音楽プレーヤ「iPod」の出荷台数は前年同期比21%増の981万5000台,出荷金額は同5%増の15億7000万米ドルだった。

iPhone出荷は2日で27万台

 2007年6月29日に発売した携帯電話機「iPhone」の出荷台数は27万台だった。CEOのSteve Jobs氏はiPhoneについて「発売3カ月で100万台以上の売り上げを見込んでいる」としている。

 Apple社は2007年7月~9月期の売上高を57億米ドルと予測しており,この予測に沿えば前年同期比で18%程度の増収になる。

■海外企業の最新の決算はこちらからご覧いただけます。

この記事を中国語で読む